独立開業ノウハウ

【美容室開業のモデルケース】事業計画と開業までのスケジュールについて

こちらでご紹介する美容室開業のモデルケースは、一般的な小規模美容室を想定しています。

よりリアルにイメージしやすいようかく数字を設定しております。

設定しているモデルケースの項目

  • 開業予定の美容室
  • 事業計画
  • オープンまでのスケジュール一

他の記事で紹介している独立開業ノウハウで使用している設定を項目ごとにまとめています。

独立開業ノウハウをより具体的に理解するために使えますのでぜひご覧ください。

美容室開業のモデルケースについて

一般的な小規模美容室を想定しています。

開業予定の美容室(参考例)

  • 店舗面積:15坪
  • フロア:セット面3席、シャンプー台×2
  • 従業員数:アシスタント1名
  • 営業時間:9:00~19:00

現在のお給料:25万円

資金計画:1650万円

事業計画について

融資機関に提出するときに事業計画書を集約して1枚にまとめることがあります。

<収支計画>
月間売上目標(入金額)135万円
月間経費予想(出金)85万円
月間利益予想50万円
<資金計画>
自己資金150万円
出資金200万円
日本政策金融公庫800万円
銀行融資500万円
資金調達総額1,650万円
<実行予算計画>
不動産取得費220万円
開業準備金260万円
運転資金170万円
美容機器200万円
店舗工事費800万円
店舗開業総額1,650万円

このように数字を明確にすることで事業計画の全体像をするためです。

収支計画について

利益が出せないような収支計画なら見直しが必要です。

<収支計画>
月間売上目標(入金額)135万円
月間経費予想(出金)85万円
月間利益予想50万円

入金額

月間売上目標
  • 客単価6,000円
  • 1日来店人数9人
  • 営業日数25日
  • 客単価×人数×日数=135万円

売上合計135万円

出金額

月間経費予想
  • 家賃
    18万円
  • 日本政策金融公庫返済
    11.5万円
  • 銀行融資返済
    9.5万円
  • 人件費、アシスタント1名
    17万円
  • 光熱費、15坪×5,000円で想定
    7.5万円
  • 材料費、売上×10%で想定
    13.5万円
  • 広告宣伝費・会計・HP運営・積立など
    8万円

経費合計85万円

いくら稼ぐのか?

月間利益予想
  • 売上135万円
  • 経費85万円
  • 売上-経費=50万円

月間利益50万円

また利益が足りないようでもやはり見直しが必要です。

自分のお給料を決める!美容室開業における収支計画の考え方とは?!美容室開業における収支計画の目的とは、自分のお給料を決めることです。 基本的に収支計画では、現在のお給料の2倍以上の報酬をアップさせる方法を考えましょう。 お給料を2倍に増やす設定を多めに感じる方も多いと思います。 しかしこの先長く営業することを考えれば決して少なくありません。...

資金計画について

<資金計画>
自己資金150万円
出資金200万円
日本政策金融公庫800万円
銀行融資500万円
資金調達総額1,650万円
用意できそうな資金

<自己資金>

  • 150万円(仮)
  • 開業のために用意した貯金など

<出資金>

  • 200万円(仮)
  • 両親、兄弟からの出資金
  • 事業パートナーからの出資(共同出資など)
  • 事業計画賛同者などからの出資など

<日本政策金融公庫>

  • 800万円(仮)
  • 金利2%~3%前後
  • 7年(84回払い)
  • 月々推定11.5万円の返済と仮定

<銀行融資>

  • 500万円(仮)
  • 金利0%~3%前後
  • 5年(60回払い)
  • 月々推定9.5万円の返済と仮定

<資金調達総額>

  • 合計1,650万円

どうしても資金が足りない場合にのみリースを検討してください。

リースは高金利のため、収支計画で利益が出にくくなります。

お金を借りるテクニックが必要!美容室開業における資金計画の考え方とは?!資金計画とは、美容室開業するために「いくら用意できるのか?」を考えることです。 そして資金計画において、今までのサロン技術、経験、人気などは残念ながら無関係です。 それよりも必要なのがお金を借りるテクニックです。 実際にお金を借りるときには、事業計画書を作り込み面接を通過しなければ創業融資を勝ち取ることができません。 ...

実行予算計画について

運転資金は、収支計画の月間経費予想の2倍程度で考えておきましょう。

<実行予算計画>
不動産取得費220万円
開業準備金260万円
運転資金170万円
美容機器200万円
店舗工事費800万円
店舗開業総額1,650万円
店舗にかかる費用

<不動産取得費>

  • 保証金は家賃10ヶ月分で180万円と仮定
  • 不動産手数料(18万円)
  • 前家賃(18万円)
  • 保険加入(4万円)
  • 合計220万円

<開業準備金>

  • 洗濯機、冷蔵庫、パソコン、家具、など
  • 薬剤の仕入れ、小物などの備品など
  • 開業当初の宣伝広告費
  • 印刷物の販促デザイン費
  • 合計260万円

<運転資金>

  • 開業時に残しておくべき保険的な資金
  • 合計170万円

<美容機器>

  • セット椅子×3
  • シャンプー台×2
  • 加温機など
  • 合計200万円

<店舗工事費>

  • 店舗デザイン料
    (店舗工事費×7%~10%が平均)
  • 店名ロゴデザイン料
    (10万円~20万円程度)
  • 店舗工事代
  • 合計800万円

<店舗開業総額>

  • 合計1,650万円

店舗工事費用は、物件の状態などによって変わるので参考程度にしてください。

必要なお金を残すコツ!美容室開業における実行予算計画の考え方とは?!実行予算とは、美容室開業するために「いくら必要なのか?」を考えることです。 いくら必要なのか分かっていなければ、必要なお金を借りることができません。 美容室開業における実行予算計画とは、適切な規模の美容室を作ることが目的です。...

開業までのスケジュールについて

こちらでご紹介する開業までのスケジュールは、リスクが少なくオープンまで余裕のある作りなのでぜひ参考にしてください。

  • STEP01
    開業を決意

    作戦を練る期間
    (時間とお金の行動計画)

    • 事業計画
    • 家族の同意
    • 不動産探し
    • 資金計画
    • 不動産契約が美容室開業へのカウントダウンのスイッチ
    • 不動産契約をする前に事業計画の8割まで作り上げる必要がある
  • STEP02
    不動産契約

    借入準備

    • 不動産屋と大事な交渉
    • 借入申請用書類用意
    • 不動産契約を借入の内定まで待ってもらう交渉をする
    • カラ家賃の発生を防いで資金の流出を防ぐため

    借入れ申請

  • STEP03
    店舗設計・販促デザイン

    内定まで1ヶ月~2ヶ月
    (設計期間)

    • 店舗デザイン設計
    • 宣伝活動方針立案
    • 販促グラフィックデザイン
    • 店舗デザインが完成したら複数の業者に見積もりを依頼する
    • 見積もりからの減額調整を必ずする

    融資内定

    ※不動産の正式契約をここまで待ってもらえれば、カラ家賃を防ぐことができる。

  • STEP04
    工事業者決定・施工契約

    退職は1ヶ月半前がオススメ
    (やるべき準備をするため)

    <約1週間~10日でやること>

    • 諸官庁への事前相談
    • 保健所へ営業許可申請
    • メニューなど印刷データ・発注

    工事開始・現場着工

    <約3週間~1ヶ月でやること>

    • ホームページ、SNSなどの開設
    • 家電類、備品類の買い付け
    • 告知、販促活動
    • ディーラーとの打ち合わせ
    • 各種保険加入
    • 従業員雇用の準備
    • 電話回線、インターネットなどの契約

    この期間は様々なトラブルや予想もしない出来事が起きる可能性があります。

    その時にまだ働いている状態だとすぐに解決に向けて動くことができません。

  • STEP05
    お店の完成・引渡し

    お店が完成してからオープンまで10日確保するべき

    • スタッフの施術練習
    • 店内の飾り付け
    • 商品の陳列
    • 薬液薬剤の搬入
    • 引渡し検査
    • 保健所の検査
    • 写真撮影

    お店が完成しても保健所の検査に合格しなければ営業できません。

    もし改善の指摘があった場合、後日検査を受けて合格する必要があります。

    余裕を持ってオープン日を迎える

美容室開業におけるベストな退職のタイミングとやるべき準備とは?よくあるのが工事している間も働いてい自分の美容室が完成する直前に退職するケースです。 お給料や生活費、指名のお客様のことを考えると直前まで働いておきたいという気持ちは分かります。 しかしオープン当日までにやるべき準備がたくさんあるので、思った以上に手間と時間がかかります。 そのため退職のタイミングは、オープン日の1ヶ月半前がおすすめです。...

まとめ

美容室開業を人生で何度も経験する方は少ないと思います。

どんなに美容師としてスキルや経験を持っていたとしても美容室開業は初心者の方がほとんどです。

全体の流れを把握して美容室開業までのスケジュールを把握しておくだけでも失敗するリスクが少なくなるはずです。

他の記事で紹介している独立開業ノウハウをより具体的に理解するためにも使えますのでぜひご参考にして下さい。

最低限覚えておきたい美容室開業の原理原則と7つの独立ノウハウ長く働いて身に付けた美容師としてのセンスや知識、高い指名売上を持っていたとしても、美容室開業を甘く見てはいけません。 美容室開業で失敗を避けるためには、まず情報収集を必ずしましょう。 実際にこれから独立を目指す方、とりあえず今からできる事は無いかと悩んでいる方必見です! この記事を読むことで、安全で確実な美容室開業への第一歩を踏み出すことができます。...
美容室の事業計画のために必要なコンセプトの考え方コンセプト構築をするために最初にするべきことは、「誰のために何をしてあげられるのか?」を考えることです。 この時のポイントは、「自分が最も理想とするお客様像」をイメージすることです・ コンセプトは、事業計画の大黒柱のような存在です。...

鈴木に相談しませんか?

今までの経験やノウハウを発信しながら僕を頼ってくれる方に価値提供できる存在になりたいと考えています。

フランチャイズや求人独立等のご相談もLINEからお受けしていますのでご連絡ください。

僕とお話したことがキッカケで、

スタッフになってくれたらいいなっ♪
フランチャイズやってくれたらいいなっ♪

…なんて下心は全くありませんのでご安心ください。

 

スムークの各種情報

髪質改善ケアの施術事例

スムークにご来店していただいて髪質改善ケアメニューをされたお客様のビフォーアフターを掲載しております。


髪質改善ケアの施術事例の一覧はこちら

スムーク艶髪セミナー

ブランディングをして客単価を上げていきたい方でしたら、髪質改善ストレートの技術を手に入れることができるスムーク艶髪セミナーにご参加ください。

艶髪セミナー
スムークの艶髪セミナーの詳細はこちら

縮毛矯正と髪質改善の美容院SMuKの働き方

もし、あなたが、今の美容師人生に満足していないとしたらお手伝いができるかもしれません。
スムークでお客様に真摯に向き合い真面目に働いていただくだけで、働く時間とお給料が劇的に変化します。

スムークの求人

縮毛矯正と髪質改善の美容院SMuKの働き方の詳細はこちら