独立開業ノウハウ

必要なお金を残すコツ!美容室開業における実行予算計画の考え方とは?!

必要なお金を残すコツ!美容室開業における実行予算計画の考え方とは?!

実行予算計画は、事業計画を構成する3要素(収支・資金・予算)の1つです。

実行予算計画の考え方を解説する前に、まず美容室開業の事業計画について簡単に説明します。

美容室開業の事業計画 = 作戦を練ること

事業計画とは?

事業計画とは、美容室開業に必要な3つの要素を考えバランスを取りながら進めていく計画のことです。

3つの要素とは?

  • 収支計画
  • 資金計画
  • 実行予算計画

収支計画・資金計画・実行予算計画を分かりやすい言葉に置き換えるとこうなります。

  • 収支計画➡いくら稼ぐのか?
  • 資金計画➡いくら用意できるのか?
  • 実行予算計画➡いくら必要なのか?

いくら稼ぐのか?

1ヶ月の売上-1ヶ月の経費

いくら用意できるのか?

自己資金+出資金+融資

いくら必要なのか?

不動産+運転資金+店舗工事費+備品+その他

店舗の工事費用だけで開業できる?と思っている人がとても多いの注意してください。

事業計画はいつまでに作ればいいのか?

事業計画は、不動産契約をする前に8割程度まで作るのがおすすめです。

なぜなら美容室開業の命運を決めるポイントが不動産契約だからです。

不動産契約というカウントダウンのスイッチを押したら途中で止めることができません。

不動産契約までにすること

  • STEP01
    開業を決意

    作戦を練る期間
    (時間とお金の行動計画)

    • 事業計画
    • 家族の同意
    • 不動産探し
    • 資金計画
    • 不動産契約が美容室開業へのカウントダウンのスイッチ
    • 不動産契約をする前に事業計画の8割まで作り上げる必要がある
  • STEP02
    不動産契約

    借入準備

    • 不動産屋と大事な交渉
    • 借入申請用書類用意
    • 不動産契約を借入の内定まで待ってもらう交渉をする
    • カラ家賃の発生を防いで資金の流出を防ぐため
【美容室開業のモデルケース】事業計画と開業までのスケジュールについて美容室開業を人生で何度も経験する方は少ないと思います。 どんなに美容師としてスキルや経験を持っていたとしても美容室開業は初心者の方がほとんどです。 全体の流れを把握して美容室開業までのスケジュールを把握しておくだけでも失敗するリスクが少なくなるはずです。 他の記事で紹介している独立開業ノウハウをより具体的に理解するためにも使えますのでぜひご参考にして下さい。...

実行予算とは?

実行予算とは、美容室開業するために「いくら必要なのか?」を考えることです。

  • 不動産
  • 運転資金
  • 店舗工事費
  • 備品
  • その他

いくら必要なのか分かっていなければ、必要なお金を借りることができません。

特に注意が必要なのが、店舗工事費です。

店舗の工事費用だけ借りようとしている美容師さんがとても多いです。

不動産取得費や追加工事、退職した後の生活費なども含めて実行予算は考える必要があります。

鈴木昌浩
鈴木昌浩
店舗工事費は予測不可能なトラブルが起きるケースもあるので要チェックです。

僕は店舗設備をプロに見てもらい判断してから不動産契約しました。

しかし業務用エアコンを全て買い替えなければいけないトラブルに見舞われました。

なんと追加で工事費が150万円ほど増えてしまいました。

実行予算計画の目的

美容室開業における実行予算計画の目的とは、適切な規模の美容室を作ることです。

作ることが可能な規模の美容室とは?

作ることが可能な規模の美容室は、資金計画からの逆算で考えます。

資金計画の逆算とは?

<資金計画例>
自己資金150万円
出資金200万円
日本政策金融公庫800万円
銀行融資500万円
合計1,650万円

1,650万円が集められる限界だとすると。

実行予算計画は、大体こうなります。

<実行予算配分例>
不動産取得費220万円
開業準備金260万円
運転資金170万円
美容機器200万円
店舗工事費800万円

美容室開業と言えば、店舗工事費を借りればいい」と考えている開業者さんがとても多いです。

しかし、この考えは非常に危険です。

グラフを見てもらえれば分かりますが、実はお店の工事にかけられる費用は半分程度です。

実行予算計画 = 開業総額

実行予算計画 = 店舗工事費➡NG

店舗工事費の分だけお金を借りてしまうと損益分岐を超える前に運転資金がショートしてしまうことがあるので気を付けてください。

実行予算計画のリアルな考え方

実行予算計画で考えなければならない項目は以下の5つです。

  • 不動産物件取得費
  • 開業準備金
  • 運転資金
  • 美容機器
  • 店舗工事費

そしてこの5つの項目の中で一緒になりやすいのが「開業準備金」「運転資金」です。

この2つの項目のバランスを間違えると店舗工事と同様に「運転資金」が残せなくケースが多いです。

開業に必要となる全ての予算バランスをしっかりと理解すること

不動産物件取得費について

不動産物件取得費の主な項目は、以下です。

  • 保証金または敷金
  • 礼金
  • 不動産仲介手数料
  • 火災保険料ほか各種保険料
  • 家賃保証料
  • 前家賃

不動産物件取得費の内訳

保証金または敷金

保証金は、退店時の修復費用を前もって預けておく仕組みです。

借りる側からすると人質を取られているようなイメージです。

出店地域によって様々ですが、家賃の10ヶ月分などの物件もあります。

できるだけ交渉して安くしておきたい項目です。

礼金

礼金は、貸主・大家さんの取り分です。

家賃の1~2ヶ月分が相場です。

不動産仲介手数料

仲介手数料は、不動産屋さんの取り分です。

家賃の1~2ヶ月分が相場です。

火災保険料ほか各種保険料

建物の構造、不動産契約更新時期によって額面が変わります。

1年間で3万円~5万円程度が相場です。

家賃保証料

家賃保証料を要求されることもあります。

家賃の1~2ヶ月分が相場です。

家賃保証料がかからないケースの方が多いです。

前家賃

不動産契約後、直近の1ヶ月分家賃のことです。

契約事情により2ヶ月前納期の場合もあります。

不動産初期投資費用は、出店地域や様々な条件により100万円以下の場合もあれば500万円相当になる場合もあります。

不動産契約時に上手く交渉することで保証金を安くしたり、カラ家賃を防ぐことができます。

開業準備金について

最後の最後で予算オーバーしてしまう危険性を秘めている項目です。

対策としては、詳細な予算配分リスト、買い物リストを作成することです。

OPENまでに絶対に予算オーバーしないように注意しましょう。

開業準備金の主な項目

サロン運営に必要な薬剤一式、道具

  • カット椅子、シャンプー台、促進器以外

予算の目安は、60万円~65万円程度です。

薬剤などは、足りなくなったら後で発注すればいいので最初は少なめで考えましょう。

開業数か月間の販売促進費

  • 紙媒体の印刷代、HPの解説費など

予算の目安は、30万円程度です。

マーケティング戦略によって変わってきます。

完成した店舗に設置する家電類

  • 洗濯機、冷蔵庫、BGM機器など

予算の目安は、100万円程度です。

家電やインテリアは、最初からいいものを買わないことをおすすめします。

経営が上手くいってからでも買い直せます。

  • 完成した店舗に設置する備品類、装飾類、装飾物
    (文房具、掃除用具、植栽など)

必要な分だけ買いましょう。

完成した店舗にかける火災保険

  • クレームなどのトラブル対策用保険など

火災保険は工事前に必ず入るのですが、店舗が完成してから必ず見直しましょう。

工事前の契約ですと火事で店が燃えてしまった場合、十分な補償内容の保険ではありません。

店舗を作り直すために必要な資金を確保できる内容に必ず契約し直しましょう。

サロンを辞めて開業するまでの生活費

  • 引っ越しする場合もある

退職するタイミングは、1ヶ月半前がおすすめです。

家族がいると必要な生活費が多い場合もあるので必ず考えておきましょう。

不動産物件取得で交渉しきれなかったカラ家賃

人それぞれですが、数十万円程度かかるケースが多いです。

運転資金について

運転資金は、一般的に言えば売上目標の2倍以上で確保します。

資金計画の売上目標(例)

月間売上目標(入金額)
  • 客単価6,000円
  • 1日来店人数9人
  • 営業日数25日

売上合計135万円

この事例ですと月間売上目標の2倍=270万円を用意すればいいということです。

しかしこの考え方は、小規模な美容室開業の場合に予算配分のバランスが崩れやすいです。

そこでオススメなのが、運転資金を月間経費の2倍以上で確保する考え方です。

月間経費予想(出金額)
  • 家賃
    18万円
  • 日本政策金融公庫返済
    11.5万円
  • 銀行融資返済
    9.5万円
  • 人件費、アシスタント1名
    17万円
  • 光熱費、15坪×5,000円で想定
    7.5万円
  • 材料費、売上×10%で想定
    13.5万円
  • 広告宣伝費・会計・HP運営・積立など
    8万円

経費合計85万円

この事例ですと月間経費予想の2倍=170万円を用意すればいいということです。

多ければ多いほどいいような気がしますが、必要以上に用意しても予算のバランスが崩れます。

運転資金の考え方も人それぞれですが、予算配分などの計画に合わせて慎重考える必要があります。

美容機器について

美容機器は、開業者にとって店舗づくりと同等にこだわりが強い部分で妥協しずらいと思います。

当初の予定よりつい1ランク上の美容機器を導入したくなります。

店舗部分も美容機器どちらも大事ですが、あくまでも実行予算計画という基準を守るべきです。

カット椅子

カット椅子は、いずれ買い替えやレベルアップが可能です。

予算のバランスにより減額対象にしておくべき項目です。

シャンプー台

シャンプー台は、固定物となるため入れ替えは困難です。

入れ替える場合、多額の工事費が必要で工事のためにお店も休みにしなければなりません。

流行りのフルフラットシャンプー台は魅力的ですが、提供メニューや収支のバランスを考えましょう。

促進器など

促進器、特殊機器もカット椅子同様に入れ替え可能です。

開業時は中古も検討の余地ありと考えて下さい。

店舗工事費について

店舗工事費は、実行予算計画で一番重要な項目です。

なぜなら実行予算計画の50%を占めるほどの資金を使うからです。

コンセプトや集客、収支計画、etc.など全てに影響します。

店舗工事費の主な項目は、以下です。

  • 店舗デザイン・設計
  • グラフィックデザイン
  • 店舗内外装造作、仕上げ、制作家具、持ち込み家具類
  • 設備工事

店舗デザイン・設計

店舗デザイン・設計の相場は、店舗工事費×7%~10%です。

設計施工を一括で請負う会社だと工事費に最初から含まれている場合が多いです。

グラフィックデザイン

グラフィックデザインとは、ロゴやマークなどのデザインです。

作成費用の相場は、数万円~十数万円です。

店舗内外装造作、仕上げ、制作家具、持ち込み家具類

お客様から見える店内の雰囲気などを作る項目です。

コース料理で言えば、メインディッシュの部分なのでとても重要です。

プロが見ないと細かいところまで分からないので適正金額が不明になりやすいです。

設備工事

設備工事は、お客様から見えない部分なのでお金をかけ過ぎないようにしましょう。

ただ給排水設備などは、開業者の考え方によって費用のかかり方は様々です。

気を付けなければいけないのが、入り口サッシュ、空調、トイレ、電気ガス給排水の基本的な容量の設備、です。

不動産物件を探すときに必ずチェックしておくべきポイントです。

不動産物件探しのポイント

不動産物件探しのポイントは、設備工事にいくらかかるのか契約前に見抜いておくことです。

もしサッシュもトイレもエアコンも無い物件で、電気容量・ガス容量、水道容量、の状況も悪い場合、250万円~550万円ほど負担が増えます。

サッシュのみが残っている物件

50万円~100万円単位で工事費が変わります。

エアコンが残っている物件

50万円~200万円単位で工事費が変わります。

エアコンに関しては、かなり慎重な検証が必要です。

トイレが残っている物件

40万円~60万円単位で工事費が変わります。

物件を見分ける基準を身に付ける

物件の選び方によって仕上がり満足度の明暗が分かれます。

設備工事は、どれもお金をかけたのが感じられない要素です。

選ぶ物件が美容業に適している物件なのかという疑問を常に持ちましょう。

そうすると不動産契約までに自分自身でも物件を見分ける基準が備わります。

まとめ

どうすれば開業資金を抑えることができるのか?

実行予算計画 = 開業総額

実行予算計画を考えることは、開業総額を抑えることにつながります。

実行予算計画の主な項目

  • 不動産物件取得費
  • 開業準備金
  • 運転資金
  • 美容機器
  • 店舗工事費

実行予算計画の項目の割合

もっとも大きなウエイトを占めるのは、店舗工事費です。

開業資金の半分くらいの費用がかかると考えて下さい。

開業時にかかる「実行予算」には、さまざまなものがあります。

必要なお金を残すコツは、常に予算のバランスを考えることです。

開業に必要となる全ての予算バランスをしっかりと理解すること

自分のお給料を決める!美容室開業における収支計画の考え方とは?!美容室開業における収支計画の目的とは、自分のお給料を決めることです。 基本的に収支計画では、現在のお給料の2倍以上の報酬をアップさせる方法を考えましょう。 お給料を2倍に増やす設定を多めに感じる方も多いと思います。 しかしこの先長く営業することを考えれば決して少なくありません。...
お金を借りるテクニックが必要!美容室開業における資金計画の考え方とは?!資金計画とは、美容室開業するために「いくら用意できるのか?」を考えることです。 そして資金計画において、今までのサロン技術、経験、人気などは残念ながら無関係です。 それよりも必要なのがお金を借りるテクニックです。 実際にお金を借りるときには、事業計画書を作り込み面接を通過しなければ創業融資を勝ち取ることができません。 ...

鈴木に相談しませんか?

今までの経験やノウハウを発信しながら僕を頼ってくれる方に価値提供できる存在になりたいと考えています。

フランチャイズや求人独立等のご相談もLINEからお受けしていますのでご連絡ください。

僕とお話したことがキッカケで、

スタッフになってくれたらいいなっ♪
フランチャイズやってくれたらいいなっ♪

…なんて下心は全くありませんのでご安心ください。

 

スムークの各種情報

髪質改善ケアの施術事例

スムークにご来店していただいて髪質改善ケアメニューをされたお客様のビフォーアフターを掲載しております。


髪質改善ケアの施術事例の一覧はこちら

スムーク艶髪セミナー

ブランディングをして客単価を上げていきたい方でしたら、髪質改善ストレートの技術を手に入れることができるスムーク艶髪セミナーにご参加ください。

艶髪セミナー
スムークの艶髪セミナーの詳細はこちら

縮毛矯正と髪質改善の美容院SMuKの働き方

もし、あなたが、今の美容師人生に満足していないとしたらお手伝いができるかもしれません。
スムークでお客様に真摯に向き合い真面目に働いていただくだけで、働く時間とお給料が劇的に変化します。

スムークの求人

縮毛矯正と髪質改善の美容院SMuKの働き方の詳細はこちら