フランチャイズの取り組み

スムークが客単価2万円で月に30名以上の新規集客を可能にしているリスティング広告とは?

鈴木昌浩
鈴木昌浩

リスティング広告は、美容室を利用するお客様から選んでもらうためにアピールできる非常に有効な広告手段です。

数ある広告の1つですが、インターネット検索で美容室を探しているお客様に的確なメッセージを届けられるのが強みです。

スムークでは、リスティング広告でホットペッパーに頼らない自社集客を実現しました。

自社集客を可能にするリスティング広告

スムークでは2020年12月にオープンして以来、リスティング広告をメインとしたマーケティング戦略を展開しています

その結果、美容業界で一番有名な集客サイト「ホットペッパービューティー」に頼らない自社集客を実現しています。

ほぼ顧客ゼロからの独立でしたが、リスティング広告のおかげで売上も右肩上がりです。

鈴木昌浩
鈴木昌浩

スムークでは、再来のお客様が増えて新規のお客様のご予約が取りにくくなったら、リスティング広告を止めています。

スタッフが入社したタイミングで新規のお客様が必要になったら、またリスティング広告を開始しています。

契約期間の縛りがあるようなポータルサイトと違い、無駄な資金の流出を少なくできるのもメリットの1つです。

美容室の新規集客におすすめのリスティング広告とは?

リスティング広告は、GoogleやYahoo!の検索結果ページに表示される広告が代表的です。

美容室の新規集客におすすめな広告は、Yahoo!JAPANやGoogleなどの検索結果画面に広告を出稿できる「検索連動型広告」です。

鈴木昌浩
鈴木昌浩

リスティング広告は、他にもWebサイトの中に表示する「ディスプレイ広告」や「動画広告」もあります。

しかしスムークで検証したところ、新規集客数に対しての費用対策効果が悪かったです。

実際にスムークでは、Google検索広告のみで単価2万円で毎月10人~30人の新規集客を成功させています。

リスティング広告の費用対策効果について

リスティング広告は、チラシなどのポスティングやダイレクトメール(DM)といった従来の美容室の広告媒体と違い、費用対策効果が分かりやすい点がメリットです。

なぜなら、「どの広告に、いくら広告費を使って、何件の問い合わせがあったのか」をリスティング広告では、把握できる仕組みになっているからです。

そしてリスティング広告は、お客様が広告をクリックして美容室のホームページに訪れなければ広告費が発生しません

そのため、スムークではポータルサイトよりも費用対策効果がいいと考えています。

鈴木昌浩
鈴木昌浩

スムークをオープンしてから様々な広告を試した結果、リスティング広告に力を注ぎました。

もちろん費用対策効果が高いのもメリットですが、広告の配信などAIが自動でやってくれるので24時間365日寝ることなくインターネット上でお客様を探してくれます。

新規集客にかける作業量や時間も含めて考えるとコストパフォーマンスに優れた広告だと考えています。

なぜ美容室がリスティング広告で新規集客できるのか?

美容室がリスティング広告で新規集客できる理由は、AISASという消費者行動モデルを理解すると分かります。

消費者行動モデルAISASから考えるリスティング広告の役割

消費者行動モデルとは、ユーザー(お客様)が行動を行う際のプロセスを図式化したものです。

  1. Attention(注意・認知)
  2. Interest(興味)
  3. Search(検索)
  4. Action(購入)
  5. Share(共有)

AISASは、この5つの行動プロセスの頭文字を取ったものです。

ここで特に注目するべき行動プロセスは、Search(検索)です。

なぜならあなたの美容室に来る新規のお客様は、検索(Search)してあなたのお店を見つけてから予約(Action)をしているはずだからです。

スムークで利用しているGoogle検索広告では、Action(予約)の直前となるSearch(検索)のプロセスで広告を表示するので、効率よく新規のお客様にアプローチできます。

ただし、Google検索広告はお客様が検索した際に広告が表示されるため、検索がなければ広告を見てもらうことができません。

鈴木昌浩
鈴木昌浩

Google検索広告を使うと、「髪のお悩み」などのキーワードを検索したお客様にスムークのホームページを見てもらうことが可能です。

「髪の悩み」などを抱えたお客様がスムークのホームページを見て、技術やサービス、料金やコンセプト、など納得してから来店してくれるのでリピート率が自然と高くなります。

リスティング広告の目的は、お客様にホームページを見てもらうこと

リスティング広告の目的は、広告をクリックしたお客さまにホームページを見てもらうことです。

その後の「予約」に結び付けるためには、ホームページのクオリティが非常に重要です。

インターネット上では、競合の美容室と比較されることも多いです。

あなたの美容室にお客様が魅力を感じなければ、いくら広告でお客様を集めたとしても予約されません。

鈴木昌浩
鈴木昌浩

逆にクオリティの高いホームページさえ作れば集客できると考えている美容室経営者さんもいますが、世の中そんなに甘くありません

厳しい言い方になりますが、AISAS(アイサス)から考えると検索して出てこない美容室は、この世に存在しないのと一緒です。

スムークの価値をお客様に届けるためのリスティング広告

美容室の場合、立地はそれぞれ違いますし、料金や施術内容も異なります。

さらに、スタイリストによって技術の熟練度も変わります。

美容室という同一のビジネスモデルであっても、サービスや品質や料金はそれぞれ違うものになるため、強みと弱み、ターゲット層は変わってきます。

そのため、美容室を探しているお客様にスムークの価値を届けるためにリスティング広告を使っています。

鈴木昌浩
鈴木昌浩

マーケティングや広告などのマーケティングノウハウは、無限にあります。

どれを選んでも正解ですし、間違いではありません。

そのためスムークでは、目的(価値を届ける)を必ず設定してから行動(リスティング広告)するようにしています。

ポータルサイトを使うとお客様に価値を届けにくい

逆に、ポータルサイトを使って集客するとお客様にスムークの価値を届けることが難しいと考えています。

なぜならポータルサイトは、集客力があるので登録している美容室多く、その中からお客様に選んでもらうためには、「価値競争」ではなく「価格競争」になりやすいからです。

ポータルサイトは、クーポン割引なども多いので「安い」からという理由で美容室を選ぶ人が多いです。

鈴木昌浩
鈴木昌浩

実際に、某ポータルサイトの営業さんにスムークの場合、客単価2万円で月に何人の新規集客ができるか聞いたところ、「プラン次第ですが、月に3人位じゃないですか?」と言われました。

ただ実際に客単価2万円で月に新規のお客様が10人~30人来ているという事実は、スムークの価値を届けやすいのが、ポータルサイトよりもリスティング広告だったということではないでしょうか?

まとめ

スムークに限らずリスティング広告は、美容室を利用するお客様から選んでもらうためにアピールできる非常に有効な広告手段です。

数ある広告の1つですが、インターネット検索で美容室を探しているお客様に的確なメッセージを届けられるのが強みです。

そのためリスティング広告を使うことできれば、あなたのお店の価値に気付いてもらえるのです。

しかし、ポータルサイトに登録する以外の集客方法を知らない美容室は、「価格競争」に巻き込まれます。

スムークでは、リスティング広告でホットペッパーに頼らない自社集客を実現しました。

あなたの美容室の独自の強みを活かして、ぜひリスティング広告を活用していきましょう。

スムークの各種情報

髪質改善ケアの施術事例

スムークにご来店していただいて髪質改善ケアメニューをされたお客様のビフォーアフターを掲載しております。


髪質改善ケアの施術事例の一覧はこちら

スムーク艶髪セミナー

ブランディングをして客単価を上げていきたい方でしたら、髪質改善ストレートの技術を手に入れることができるスムーク艶髪セミナーにご参加ください。

艶髪セミナー
スムークの艶髪セミナーの詳細はこちら

縮毛矯正と髪質改善の美容院SMuKの働き方

もし、あなたが、今の美容師人生に満足していないとしたらお手伝いができるかもしれません。
スムークでお客様に真摯に向き合い真面目に働いていただくだけで、働く時間とお給料が劇的に変化します。

スムークの求人

縮毛矯正と髪質改善の美容院SMuKの働き方の詳細はこちら