日々のヘアスタイル

グラッツパーマのかけ方のこだわり

長野県松本市の美容室EARTHスタイリスト✂

【くせ毛のプロフェッショナル】鈴木

趣味でも美容師をモットーに日々楽しんでいます♪
ヘアスタイルのこだわりや普段のサロンワークで伝えられなかった事などをこのブログに書いてます。
ブログを通して少しでも髪の悩みを解決するきっかけになったらうれしいです♪

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こんにちは。【くせ毛のプロフェッショナル】鈴木です。

いつもグラッツパーマをかけて頂いているK様。

元の髪質がとてもきれいなストレートですが、ボリュームと動きが出ないのが悩み。

希望のイメージとしては、アイロンで外国人風に巻いた質感のカール。

くせ毛っぽい感じをいかに再現するのか?

【くせ毛のプロフェッショナル】ならば、くせ毛を再現できるはず。

と言うことで、仕上がりはこんな感じ。

仕上げのポイントは、

  • 表面にゆるいウェーブが出るように
  • ランダムなカールがミックスされるように
  • 仕上げにナチュラルバームを使う

その為に必要な施術のこだわりは、

  • 薬剤を塗布するときに上に持ち上げる
  • (毛束が落ちる時にずれるから上から自然な動きが出やすい)
  • アンダーは、平巻き。ミドルは、中間巻きのフォワードとリバース。トップは、毛先巻き。
  • (巻き方をセクションごとに変えているからカールがまとまりすぎない)
  • 毛量の調節で軽さをしっかり出しておく
  • (軽くなり動きやすくなった毛をスタイリング剤で質感を出す)

どうでしょうか?

柔らかい質感のくせ毛っぽいカールになったかなと。

グラッツパーマをかければ全員この質感になるなんてことはありません。

髪質とダメージとなりたいイメージに対して、かけ方の工夫で仕上がりが決まります。

ぜひ参考に~。

グラッツパーマが傷まない理由を書いた記事もあるのでこちらもどうぞ!

究極のダメージレスは本当か?実際にグラッツでパーマをかけてみた!